b.jpg
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交番の前でヤクザが抗争してても見て見ぬふりする警官に、
デモで逮捕されるなんて!
スポンサーサイト
ismfilege.jpg さくちゃん「今日おれ誕生日なんだよ」
 元娘   「え~そうなんだ、おめでとう~!」
 マスタ  「お店からビール、おめでと~」

 元娘   「で、さくちゃんいくつになったの?」
 さくちゃん「50路に入っちゃったんですよ」
 元娘   「そうなんだ~。パパさん10月で51だっけ?」
 僕    「そうだよ」
 元娘   「じゃあ学年はさくちゃんが一つしたなのかなあ」

 元娘   「ねえねえ、さくちゃんて何月生まれ?」

 マスタ  「はあ?!」
 さくちゃん「はあ?!」
 僕    「うひひひひ!」

 めでたしめでたしぃ~~。。

ismfilet.jpg 21日のライブは無事終了しました。

 この日お客さんは無しだったけど、呼ぶ段取りをしていない
 のだから当たり前。福田さんにはメールしたけど、体力がな
 くて行けないとの返事。2年前の5月23日、アピア40ト
 リで出演する予定で黄色いTシャツを買って練習して準備し
 ていた。

 22日、母親が急に具合が悪くなり入院、23日急逝。
 ライブはキャンセル、そして今年三回忌、あの日着るはずだ
 ったTシャツを着て一人追悼ライブ。

 MCも曲も、今の時点で自分の出来るライブとして最高だっ
 た。僕以外の出演者の皆さんが、終ってから次々声を掛けて
 くれた。

 録音してもらったCDを珍しく帰ってすぐに聴いて、にんま
 りした。旨いとか下手とかじゃなく、人の心に入れた気がし
 たのが嬉しい。

 次は7月23日、何人か来てくれる予定。
 そして福田さんが来てくれますように!

 

福島第一原発の事故を巡り、東京都内の男性(46)が、事故発生時や事故後に正確な情報が公開されず、不安や恐怖によって精神的苦痛を受けたとして、東京電力に10万円の慰謝料を求める訴訟を東京簡裁に起こしていたことが18日わかった。

 提訴は3月28日付。

 男性は訴状で、「東電は事故が起こらないように十分な対策を講じるべきだった」と主張。これに対し、東電側は答弁書で「人の想像をはるかに超え、とてつもない破壊力をもった地震と津波が事故の原因」とした上で、「異常で巨大な天災地変に対応できる対策を講ずべき義務まではない」と反論する方針。

 19日に同簡裁で開かれる第1回口頭弁論で、争う姿勢を示すと見られる。

(2011年5月19日10時01分 読売新聞)


東電にしたら、待ってましたというような裁判だ。
今回の東電の起こした人災が、天災とこの裁判ではされるかもね。

推進している人も、解っていない放射能

日本の原子力とは、利権と貧困な地方
雑木林の枝の上
鳥のように歌おう
どんな歌だっていい
ここに今生きている
そう歌えばいいんだ
そう頑張ってみたよ

誰も知らない街など
どこにもないと
悲しく笑って 目を閉じた
橋の下にも早い春
無駄だ無駄だと囁いた

さあ火をつけろ
僕の人生の最期
赤黒く燃える火に手をかざす
橋の裏の景色
トラック揺らす車の中
シート倒して缶ビール

思い出すのは、若かった君と
幼子の汗の匂い
可愛いかったなあ


今日で何日経ったのか
橋の下の車の中
倒したシートに寝転んで
七輪と缶ビールが転がって
低い音橋の揺れが伝わって
死ななければならなかったかはわかりません
もう死んでしまったのだし
記憶の春に散る花になりたかったかもしれません
生きている間は誰の心の中にも存在していなかった気がします


携帯画像 孫 小林君
パチプロへの道 1000円マイナス アスカ
警察と泥棒
渡辺文樹
のなか悟空と人間国宝
ブルースピープル

いよいよ、九条改憲議論がマスコミでも取り上げられてきた。理論の組み立ては、改憲派に分がある。というのは、誰しも死にたくないのだ。じゃああなたは自分の家族が殺されてもいいんですかという問いに誰もいいとはいえない。そのための国民を守るための改憲であるという組み立ては一見正しく聞こえる。しかし、国軍を持ち同盟国を武力で助けるようになれば、武力の均衡によって平和を維持するという構図に永久に巻き込まれるのだ。平和憲法をもう一度制定するなど、敗戦後しかありえない。

万が一大戦が始まれば、日本は格好の軍事拠点と隣国からみなされるだろう。一番最初に日本を占領するのは、アメリカだ。軍事拠点を次々と求めてくる。ありがたいことである。軍事費世界一のアメリカは負けはしない。後に残るのは、残骸となった日本と相変わらずのアメリカである。アメリカは我々は責任を持って日本を復興させると言うだろう。そして日本人は、隣国に憎まれながらアメリカありがとうと言うのだろう。
大震災から二ヶ月が経ち、季節は確実に動いている。
なんだろうか、僕の頭は全然進まない。
新曲も進まない、五月のライブの案内も出していない。

母親の三回忌ライブは寂しいライブになりそうだけど、それもいいかな。

何をどう思いどう表現しようと、まるきり自由な世界に飛び込みたくて、
それが実現され六年経って次のステップを作らなければ。

自分次第なのだから、歳をとっても誰でもそうなのだから。

自分の葬式用にCDを毎回録音しているけど、やっと前回のライブで一枚出来た。
あと、一時間半必要。

仕事が定年を迎えたら、ミチロウさんの音泉マップを持って、全国のライブハウスを
巡るのが夢。いい夢。

最近のメディアにはとても違和感を感じる。
復興しようさせようばかりで、底の浅い話と脳みそが液状化しそうになる番組ばかり。

原発反対のデモに行こうと思う。
心の叫びが唄になるとは限らない。唄でなくてもいいし、唄にしかならない叫びもある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。