b.jpg
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕が子供だった頃の家族。
父親を捨て嫁と子供と母親と兄弟で暮らした家族。
仕事を通じて見つめあった人。
音楽で出会った人。

何人の人が僕に涙を見せてくれたろうか。
今日はそんなことを思いはせていた。

何もしてあげれなかったことがほとんどで、ごめんなさい。

一年も新曲が出来なくていたけど、この想いが弾みとなって
だいたい曲が出来た。

でも、ふと思った。
涙は見せなくても、泣いていた人がいたと。

スポンサーサイト
12日は昼間蕎麦屋巡礼の旅に、秩父方面に行ってました。
秩父方面の道は、バイクやら車やら徒歩やらで林道含めてだいたい通っている。

樋口有介の「ピース」は、寄居・長瀞・秩父・小鹿野、そして御巣鷹山が舞台となっていて
それも懐かしく、行く行く道は変わっていても、蕎麦巡礼、山並は変わらず嬉しい。

今では山梨まで開通した140号だけど、ず~っと工事してない、工事中だったんだ。
どんづまりで、ここまでですと体感した山奥。秩父は勝手ながらそういう場所であって欲しかった。

帰ってきて、深谷ロックフェスへ行く。
水中それは苦しい~のエレアコ・バイオリン・ドラムの演奏が素晴らしい。
突段の新譜も磨きがかかっていた。

それから樂樂家だよ。閉店まで飲んで、それからアバンティという花屋とバーを兼ねた店へ。

もう僕的には、深谷のどんづまりでした。
樂樂マスターが紹介してくれて、アバンティマスター、チケット2枚買っていただきました!
見上げるとダイワバレス山がそびえていました。

1211-7.jpg






201111061401001.jpg

昨日の無善寺で共演した「JETヒロシ」さんのCDを買った。

ジェットだなあ~いいなあ~って、僕の息子にそっくりだぞ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。