b.jpg
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8.jpg プチ放浪(渋谷アピアのライブ)から夜中に帰ってきました。
 缶コーヒーのプルタブを人差し指で開けた瞬間に、爪が剥がれちゃった
 と思ったらなんともありませんでした。うはは。
 閑話休題
 山頭火を知ったのは二十歳くらいのときだったと思う。何かを表現しようと何かを創ると、そこにその人の持つ内面が反映するのだけど、山頭火の自由律俳句には、悲しみが常に根底にあると感じた。そのぬぐえない理由が、度重なる家族の自殺であったりしたのだろう。

画像は花フェスタという会場に飾られていた山頭火の俳句なんだけど、食べ物もろくに食べず、山道を放浪していた山頭火が出会った美しい野生の花々を見て書いた句だ。

そのあまりに美しい花に動揺する我が「なにがなにやら」と書かせ、「みんな咲いている」というところに自己の孤独とみすぼらしさを感じていたのではないかと思った。

これを飾った方が、どういうつもりで飾ったのかは定かではないけど苦笑した。花フェスタという美しいその場において自分が不釣り合いであると感じた僕への、山頭火からのプレゼントだった。

FC2 Blog Ranking ←ひとつポチッと。

【PR】ブログへ記事を投稿して報酬ゲット!アフィリエイトのA8.net

クワガタ、カブトの専門店

ゴールドラッシュプログラム

懸賞ポイントサービス ちょびリッチ.com

技術系エンジニア募集


お財布.com
コメント
この記事へのコメント
山頭火って、ラーメン屋しか知らなかった!!
少しググって見ます(恥)
2007/04/27(金) 20:50 | URL | 狂的KOJI #-[ 編集]
うんうん、ググったら面白いよ。
なんか古代中国の占いに使われる人生パターンの名前の一つらしいよ。

ってか、僕も間違ったこと書けないなと思ってググってから書きましたから~(恥。
2007/04/27(金) 21:25 | URL | noribeee #iU4puUNs[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noribeee.blog101.fc2.com/tb.php/12-43e1ac08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。